当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

以前原書を紹介した本の邦訳を紹介(おバカな答えもAIしてる、感染の法則、マイケル・サンデル先生の新刊)

邦訳の刊行が期待される洋書を紹介しまくることにする(2020年版)で紹介したもので2冊、そしてそれ以外にも1冊、以前このブログで原書を紹介した本の邦訳情報を知ったので取り上げておきたい。

yamdas.hatenablog.com

ジャネル・シェインの少し変化球な AI 本『おバカな答えもAIしてる』だが、これの訳者である千葉敏生さん、以前紹介したスコット・バークン『デザインはどのように世界をつくるのか』(asin:4845920204)の訳者でもあり、4月にはヒュー・バーカー『億万長者だけが知っている教養としての数学世界』(asin:4478104557)も出る。3か月連続で訳書が出るなんてすごいな!

yamdas.hatenablog.com

これは時宜を得すぎていて出ないわけがないと確信していたアダム・クチャルスキーの邦訳『感染の法則―― ウイルス伝染から金融危機、ネットミームの拡散まで』が来月出る。これは宣伝次第では売れると思いますね。

yamdas.hatenablog.com

そして、最後はおなじみマイケル・サンデル先生の新刊『実力も運のうち: 能力主義は正義か?』が4月に早くも出る(さすが早川書房)。彼のネームバリューなら不思議ではないが、これもまた時宜を得た本なのは間違いない。

実力も運のうち 能力主義は正義か?

実力も運のうち 能力主義は正義か?

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)