当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

今日、ピーター・フォークが亡くなって10年になる……

yamdas.hatenablog.com

ピーター・フォークの死を受けて書いた文章だが、彼が亡くなったのは2011年6月23日、つまり今日で彼の没後10年ということになる。10年か……。

ピーター・フォークというとなんといっても『刑事コロンボ』なわけだが、「日本版コロンボ」とも言われた古畑任三郎を演じた田村正和も今年亡くなっている。みんな死んでいくんだなぁ。

yamdas.hatenablog.com

ありがたいことに『刑事コロンボ』は今も NHK BS などで観られるので、あえてコロンボ以外のピーター・フォークの代表的な仕事で、廉価なディスクが出ているものを紹介しておきたい。

いろんなジャンルの映画を手堅く撮っているためか、逆になかなか大きく再評価されてないようにみえるロバート・アルドリッチ女子プロレスを題材にした遺作『カリフォルニア・ドールズ』がまずは浮かぶ。

続いては名探偵による推理もののパロディー『名探偵登場』

トルーマン・カポーティの出演が印象的な作品だが、そうでなくても豪華キャストが楽しい。この映画の脚本はニール・サイモンだが、彼の代表作『サンシャイン・ボーイズ』をフォークとウディ・アレンが主役コンビを演じたテレビ映画版(asin:B00005H6IP)もワタシは好きだったりする。が、これは DVD 化されてないようで残念。

そして、フォークが主に1970年代に何度もタッグを組んだジョン・カサヴェテスの映画では、『こわれゆく女』でしょうか。この映画でジーナ・ローランズが、ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞を受賞している。

そういえばジョン・カサヴェテスというと、今年に入って5枚組 Blu-ray BOX が再発されており、これを書いている時点で二割引きなので、お好きな方はどうぞ。これにも『こわれゆく女』は入っている。

もちろん『ベルリン・天使の詩』も彼の代表作の一つだが、廉価なディスクはないのが残念。それを含め、この文章で名前を挙げたピーター・フォークの代表作が(Amazon Prime Video だけじゃなく)Netflix にも入ったら個人的に嬉しいのだけど。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)