当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

cakesのサービス終了に寄せて

cakes.mu

先週、cakes のサービス終了のニュースが、同日に発表された SlowNews のサービス停止とあわせてネットユーザの波紋を呼んだ。

たとえば、今回のサービス終了に関しても、書き手が真っ先に思うのは「自分の原稿はどうなるの?」っていうことで。そこへのアナウンスが「追記」としてなされている(たぶん問い合わせが沢山舞い込んで慌てて対応したんだと思う)ということにも、「えー?」と思ってしまう。普通に考えたら、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」ことをミッションに掲げ「クリエイター支援」を標榜する会社が、まず大事にすべきは書き手が安心して参加することのできるブランディングであると思うのだけれど。それを毀損してしまってない?とも思ったり。

cakesサービス終了と、この先の不安 - 日々の音色とことば

やはり、閉鎖後に記事はどうなる? というのは真っ先に出る疑問である。西田宗千佳さんの「「Web上に記事が残らない」ことは何が問題なのか」も改めて参考になる。

そしてクローズアップされるのは、クリエイターが作品を守るために必須の機能としてのエクスポートだが、これに関して note は意図的に目を背けていると言われても仕方ないと思っており、特に期待はしていない。

cakes にはワタシも「ネット×ジャーナリズムの歴史とその最新潮流としてのデータジャーナリズム」を寄稿している。これ一本だけだし、手元にテキストデータは残っているので、自分のサイトに原稿を復元するのは全然難しいことではない。(10年前の文章で、今更読む価値がある文章かは考えないことにして)いずれやります。

yamdas.hatenablog.com

これを書いてから10年になるんだね。ワタシ自身は加藤貞顕さんが好きだし、経営者として尊敬もしている。cakes にも面白い文章をいくつも読ませてもらったという感謝の気持ちがあるので、上にいろいろ書いたが、今は良い思い出だけ考えることにしたい気持ちがある。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)