当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ロック史上最も偉大なジャケ写10枚

何で『Abbey Road』でなくホワイトアルバムなんだとか、この手のリストには必ず文句が出るわけだが、1位のピンク・フロイドの『狂気』には文句はない。あ、ニルヴァーナのあのジャケ絡みでワタシも以前文章を書いている

このリストに入ってないバンドやアーティストのアルバムで偉大なジャケ写と思うのは以下の三枚だね。

Peter Gabriel 3: Melt

Peter Gabriel 3: Melt

AVALON-REMASTERED

AVALON-REMASTERED

THE NIGHT FLY

THE NIGHT FLY

どれもジャケ写だけでなくアルバム本体も合わせて大好きなのだが、こうして Amazon 画像を見せても分かってもらえないかもしれない。この三枚はいずれも80年代はじめの作品で、つまりはレコード時代のアルバムである。特に『Avalon』がそうだが、レコードサイズで見ないとその美しさが分かってもらえないのだ。

そうした意味で、Will Groves の発言がよく分かるし、例えばヒプノシスの仕事はジャケットの重要性を体現していたと思う。ただ、それが逆戻りすることは残念ながらないだろう。

さて、1位に輝いた『狂気』だが、今年9月に出る予定の6枚組ボックスセットのジャケ写がはっちゃけていて笑ってしまった。

The Dark Side of the Moon

The Dark Side of the Moon

これを見て、なんとなく地獄のミサワ「ちょっと助けてよ」を連想してしまった。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)