当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

『デジタル音楽の行方』への反応 その6

『デジタル音楽の行方』だが、発売まもなく買われた方が読了する頃だろうか。昨日書き忘れたが正誤表も更新しています。

まずは田中求之的日々の雑感(2005年12月16日10時08分)から引用。

音楽業界の進むべき方向というか、現在起こっていることの方向性を、ポジティブに(楽観的すぎでは?と思わなくもないが)描いたものとして、色々と考える刺激を与えてくれた本であった。自分の中に、いかにこれまでの音楽産業の構図が「自然なもの」として染みついているかを実感させられたりもした。

田中さんにはいつも当方の訳書を読んでいただき、感想をいただいている。本当にありがたいことである。

続いて Blog For Musician の「音楽はこうであって欲しいんです!」というエントリから引用(改行は修正)。

一般の方には、常々疑問に思われている、CDが何故高いのか、レコード業界が何故CCCD固執するのか、等の業界の一般的な謎が明らかにされていますし、音楽業界に従事されている方、また、これから音楽業界に飛び込んでいこうと思っている方には、内容全てが必読の重要書籍だと思います。レコード業界のアーティスト契約内容の歴史や、著作権の勉強にもなりますよ!

「ミュージシャン必読!」というのは津田さんも解説で書かれていることですね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)