当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

マイルズ・フィッシャーによるトーキング・ヘッズの凶悪なカバー

今年の年末も Coverville Countdown を聴いているのだが、Miles Fisher という人のトーキング・ヘッズの "This Must Be The Place (Naive Melody )" のカバーが気になった。

以前にも書いたことがあるが、この曲がトーキング・ヘッズの中で一番好きな曲だからなのだが、調べてみると Miles Fisher の公式 YouTube チャンネルにビデオがあったのでみたらこれが結構凶悪だった(この動画は、未成年には不適切な可能性があります)。

見れば分かるように、全編映画『アメリカン・サイコ』のオマージュで、何より Miles Fisher 自身がクリスチャン・ベールにそっくりで、最初ベールが出演しているのかと思ったくらいだ。

アメリカン・サイコ [DVD]

アメリカン・サイコ [DVD]

「家庭」というものをとてもチャーミングに歌った歌に『アメリカン・サイコ』なビデオを作るセンスは悪趣味だが、ひょっとしたらすごく切れる奴なのかもしれない。

この人(公式サイトWikipedia)は本業は俳優で、今話題の『マッドメン』なんかにも出ている。Wikipedia にも彼がクリスチャン・ベールトム・クルーズに似ていることに触れてあり、映画でトム・クルーズ役をパロディーで演じたこともあるようだ。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)