当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

久方ぶりのソーシャルエンジニアリング本の大物か『Social Engineering: The Art of Human Hacking』

/. 本家のブックレビューでズバリなタイトルのソーシャルエンジニアリング本が出ているのを知る。

Social Engineering: The Art of Human Hacking

Social Engineering: The Art of Human Hacking

著者は Social-Engineering.org の中心人物で、この分野のベテランのようだ。

この分野の本ではケビン・ミトニックの『欺術―史上最強のハッカーが明かす禁断の技法』(asin:479732158X)や『ハッカーズ その侵入の手口 奴らは常識の斜め上を行く』(asin:4844323164)が有名だが、レビューによるとこれらの本との違いは、ミトニックが攻撃にまつわるストーリーを語るのに対し、『Social Engineering: The Art of Human Hacking』はソーシャルエンジニアリングの攻撃の実行方法について極めて多面的な特性を詳説している……というだけでは正直分からんが、これは面白そうな本だね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)