当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

サード・アイ・ブラインドが共和党大会で見せた気骨

先週は民主党大会でヒラリー・クリントンが大統領候補に指名されたが、その前の共和党大会において、サード・アイ・ブラインドが出演した話は知らなかったし、そこで彼らが見事な気骨を見せていた話は知らなかった(日本の音楽メディアで報じたところはあったかな?)。

10万ドルのギャラで同大会での演奏を打診されたチープ・トリックは高額オファーを一蹴し、代わりにサード・アイ・ブラインドが出演した。しかし、彼らはヒット曲ではなく、「ジャンパー」(自殺した同性愛者の友人のことを歌った曲)などを演奏。若い同性愛者に“改造セラピー”を受けさせるべきだと信じている“同性愛者排除を祈る者”と呼ばれる共和党支持者たちから会場でブーイングを受けた。これに対して、バンドはステージから「誰も科学なんて信じてないんだろ!」と叫び、観客を愚弄した(最近、新生キリスト教信者らは政府からの支援金を含む1億ドルを費やして聖書に登場するノアの箱船を再現した。しかし、この話はあくまでも伝説で実在したことを証明する科学的根拠がないとされている)。

Hotwire Japan » 音楽業界から嫌われるDonald Trump

これはすごい。あとこの記事では、副大統領候補に指名されたマイク・ペンスに対しても手厳しい。

トランプが副大統領候補に指名したマイク・ペンスは極度の反LGBT主義で知られており、LGBT を差別することを容認する“宗教の自由”法を成立させるなど様々なやり方でLGBTの人権を制限しようとしてきた。この一方で、トランプが同性愛者だったフレディ・マーキュリーの曲を使ったのは全く意味不明な話である。

Hotwire Japan » 音楽業界から嫌われるDonald Trump

Third Eye Blind A Collection

Third Eye Blind A Collection

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)