当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ルー・リードのロックの殿堂入り&なぜか今頃になって続々と出てきた関係者の証言

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドに続き、今年ソロでもロックの殿堂入りするニュースがあったためか、なぜか最近になってルー・リードの関係者の証言がいくつか上がっている。

まずは最初の妻であったベティ・クロンスタッドだが、ルー・リードの伝記『ルー・リード ワイルドサイドを歩け』(asin:488682174X)でも、ルーのベティに対する非常に身勝手な発言が引用されていて(本が実家にあるのでそれを紹介できないのが残念)彼のロクデナシぶりが分かるが、彼女も大変だったみたいね。

『ベルリン』制作期には二人の仲も危機を迎えていて、確か前述の伝記本でも当時ベティがルーの前でリストカットするなどのトラブルもあったと記憶している。それが『ベルリン』の歌詞に反映されているのは言うまでもない。

彼女は自身が知るルーについての本を執筆中のようだが、さすがに邦訳までは出ないだろうな。

こちらはちょっと驚いた。ルー・リードが少年時代、同性愛の「治療」のために電気ショック療法を受けたという話は、代表曲 "Kill Your Sons" を通じて有名になったが、彼の妹が Medium への投稿でその話を否定している。

確かに電気ショック療法は行われたが、それは彼の同性愛傾向に対するものではないし、ルーの両親はホモフォビアではなかったと。

妹さんの投稿には貴重な家族写真が含まれているが、ルーが妹さんを溺愛してたのは有名で、ヴェルヴェッツ時代、妹がライブに来ることになると、バンド仲間に「今日は妹が来るから、頼むからもう少しまともな人間みたいにしてくれないか」と懇願したそうな。

そういえば彼は "Little Sister" というズバリな曲を書いているが、彼とは思えないほど甘い内容で、メロディアスなギターソロをフィーチャーした逸品だったりする(YouTube)。

そういえばベックってヴェルヴェット・アンダーグラウンドの 1st の全曲カバーなんてのもやってたね。

あと、パティ・スミスのスピーチはちょっと臭かった。

Lou Reed (Original Album Classics)

Lou Reed (Original Album Classics)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)