当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

『AMETORA』のデーヴィッド・マークスの新作は「社会階級とファッション」がテーマ

whyisthisinteresting.substack.com

思い切り旧聞に属するが、今年の1月に Boing Boing 経由でこの記事を知り、かの『Whole Earth Catalog』が日本の雑誌文化に影響を与えていたなんて面白い話じゃないか! とこのブログで紹介しようかと思ったが、よく読んだらこれはデーヴィッド・マークス『AMETORA(アメトラ) 日本がアメリカンスタイルを救った物語』(asin:4866470054)からの抜粋じゃないかと気づいたことがあった。

少し前に、まったく別口でまた『AMETORA』のことが引き合いに出されている記事を読み、そういえばこれの著者は今何しているのだろうと調べてみたら、新刊 Status and Culture が来月出るのを知った。

これは現代社会におけるアイデンティティがどのように形成されるか、文化がどのように機能するのか、人間の行動様式の変化と定着についての本のようだ。

さらに調べてみると、著者の W. David Marx の面白いインタビュー記事「W. デーヴィッド・ マークスと朝食を」を見つけた。

第一作が日本を舞台にし、また現在まで住んでいるのもあって、日本についてのコメントは的確としか言いようがない。

単にもう若者がいない。それに金もない。2000年頃から所得が下り坂なんだ。僕は2004年にブログを始めてから、日本が衰退して終末を迎えるとしか思えなくなった。僕の理論だと、日本のファッションや音楽があれほど素晴らしかったのは、末端に至るまで潤沢な資金が注がれたから。80年代のバブル経済が金の爆発だとしたら、90年代はセンスの爆発だった。そこから2000年代の消費トレンドを見ると、「うわ、もう誰も何も買ってない。一体どういうことなんだ?」って感じだったよ。表参道へ行っても「これじゃ無理だ。こんな調子じゃやっていけない」と思わずにはいられなかった。

https://www.ssense.com/ja-jp/editorial/culture-ja/breakfast-with-w-david-marx

そして、彼は続けてこう語っている。

ひとつ僕が予測できなかったこと、僕の大きな誤算だったのは、外国人旅行者の増加。特にアジアからの旅行者が増えたおかげで、そういう場所が生き延びる資金が入ってきたんだ。

https://www.ssense.com/ja-jp/editorial/culture-ja/breakfast-with-w-david-marx

この記事には日付がないので、このインタビューがいつ行われたものか分からないのだが、その望みの綱の「外国人旅行者の増加」も、ご存じの通り、コロナ禍で全部吹っ飛んでしまった。このインタビューは、そのコロナ禍前の観光都市東京の雰囲気も伝わる。

そして、このインタビューで新刊の内容についても語っている。

ポップ カルチャーの一般理論を説明して、消費者が購入する商品を決めるときの基本原則と消費者の決定が集合してトレンドが生じる流れを、段階を追って検証するつもりなんだ。ドイツの社会学ゲオルク・ジンメル(Georg Simmel)が早くから解明していたのは、人との違いを表すためだけじゃなくて、自分がなりたいと思う人と同じになるために、ファッションが機能すること。ジンメルの時代には、ファッションは社会経済的な階級と結びついていたんだ。

https://www.ssense.com/ja-jp/editorial/culture-ja/breakfast-with-w-david-marx

現代では、ファッションが関連するのは単に階級だけじゃない。その上、幅がある。すごく模倣的な人もいれば、すごく個性的な人もいるけど、全員がその振れ幅のどこかに存在してる。そういう差異化/同調化の法則を拡大すると、ポップ カルチャーの仕組みも説明できるんだ。僕がやろうとしてるのは、それを使って、あらゆる法則を系統的に説明すること。数学の証明のパロディみたいだけど。

https://www.ssense.com/ja-jp/editorial/culture-ja/breakfast-with-w-david-marx

著者は新刊について、トム・ヴァンダービルト『ハマりたがる脳──「好き」の科学』に近いと語っている。

今回の新刊は、日本は舞台とはなっていないと推測されるが、果たして邦訳は出るのでしょうかね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)