当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

オープンソースとヘルスケアの関係

Slashdot で知ったが、Software Freedom Law Center がペースメーカーに代表される人体に埋め込まれる医療装置のソフトウェア透明性についての論文を公開している。

Killed by Code というタイトルにはちょっとギョッとするが、まさにソフトウェアの出来が人命に直結する分野である。SFLC 的にはフリーソフトウェアを推奨しているが、大丈夫かねとちょっと思ってしまう。

SFLC の論文が扱う分野ほどクリティカルではないが、今年の OSCON の大きなテーマの一つがヘルスケアだったようだ。

医療を変える50のオープンソースプロジェクトを取り上げたのが一年前だが、いよいよフリーソフトウェアオープンソースは、この分野にも本格的に参入しようとしているのか。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)