当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

リチャード・カーティスが監督するのは、興行的にコケた『パイレーツ・ロック』以来となるが、本作で彼は映画監督からの引退を表明している。

前にも書いたことがあるが、ワタシは彼が書くラブストーリーが素直に好きなので、意地でも彼の映画は誉めることにしているのだが、本作は……これはダメだろ。

主人公の一族の男にはタイムトラベルの能力があるという安易な設定自体に文句をつけるつもりはない。その能力を恋愛に使おうとする主人公にはアホかと思うが、いいだろう、リチャード・カーティスの映画なんだから。

しかし、途中からその能力の使い方がとても安易になるのである。理屈のつけ方がついているかまで確かめてないが、一回試してみて、これはダメだからやはりノーカンみたいなことを複数回やってたと思う。それはイカンだろ。他にも死期が近いはずなのに、全然そう見えないビル・ナイとか、あれもこれも安易過ぎる。

ヒロインのレイチェル・マクアダムスが素敵だったので、最後まで観れたけどさ。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)