当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

世界文学全集

『スローターハウス5』には何回「そういうものだ。」が出てくるか

前回から半年以上のブランクを経ての「世界文学全集」第四回目は、先日84歳にして死去したカート・ヴォネガットの代表作『スローターハウス5』である。スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)作者: カート・ヴォネガット・ジュニ…

フィリップ・マーロウのすべってる話

実に二年以上のブランクを破っての「世界文学全集」第三回目は、レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』である。長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))作者: レイモンド・チャンドラー,清水俊二出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1976/04/01メデ…

太宰治『走れメロス』凝縮版

走れメロス (新潮文庫)作者: 太宰治出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/02メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 124回この商品を含むブログ (177件) を見る突発的に書いてみたらなぜか好評だったので二回目を迎えた「YAMDAS世界文学全集」、第二回目は、日本…

オッス、オラ、グレゴール・ザムザ!

唐突に始まった企画「世界文学全集」、記念すべき第一回目は、カフカ『変身』です。本書のクライマックスを再現してみよう。 ザムザ「犬のように殺される!」 ザムザの父「それ『審判』やん。つーか、お前虫やん。いい加減にしなさい」 父親のはりせんが背中…

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)