当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

過小評価され忘れられたSF映画トップ10

どんな映画がリスト入りしているかと思いきや、トップ3は普通に名作扱いされとるやろ! ……と言いつつ、1位の『ストーカー』をはじめとして確かに観てない映画が多い。

  1. アンドレイ・タルコフスキー『ストーカー』(asin:B00006RTTS
  2. テリー・ギリアム未来世紀ブラジル』(asin:B0026O1JI0
  3. アンドリュー・ニコルガタカ』(asin:B0022F6LN6
  4. ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ『ロスト・チルドレン』(asin:B00008453O
  5. アレックス・プロヤスダークシティ』(asin:B00154QSTM
  6. デヴィッド・クローネンバーグ『イグジステンズ』asin:B000PJZYSY
  7. デヴィッド・トゥーヒーピッチブラック』(asin:B000PJZYSO
  8. カート・ウィマー『リベリオン』(asin:B0000C4GMN
  9. ウォルフガング・ペーターゼン『第5惑星』(asin:B000E42Q0O
  10. マイケル・ウィンターボトムCODE46』(asin:B000EQIQDI

ガタカ』は良い映画だよねー。ラストの検尿の場面でどーっと涙が出たのだが、検尿に涙する映画なんて他にないぜ!(笑) 後から観直したら、この検査官役が『24』のメイソンの人だったりした。

ネタ元は Digg

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)