当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

AppleはFoursquareを買収すべき?

取り上げるのを忘れていた。この手の「○○は××を買収すべき!」みたいな観測記事は、その通りの展開になることは少ないが、買収する側の欠けてるものが見えてくるのが面白い。

今や史上最高の時価総額を達成したと言われる Apple だが、Foursquare を買収すると何がいいのか?

この記事で書かれるポイントは、Foursquare が持つ情報により Siri が機能強化が図れること、iOS6 から Google Maps の不採用が既に発表済だが、この地図情報も強化できる。他にも Find My Friends など位置情報サービスにも Foursquare が持つ情報は有効である。

こうして見ていると確かにそうかもとその気になってくるが、ここで思い出すがティム・オライリーの「インターネットOS」論で、この中で Apple の弱点として位置情報サービスやソーシャルネットワークサービス分野の立ち遅れが指摘されていた。

Foursquare はそれを埋めるのに都合がよく、また何よりモバイル分野の強化につながる。ReadWriteWeb の記事でも最後に挙げられているのが Payments で、確かに Apple は強力な決済システムを持ってるけど、mobile payments への動きがあまり見えない。

史上最高の時価総額になってもまだいろいろ足らないものがあり、競争は続くんやねぇ……

フォースクエア 位置情報の威力

フォースクエア 位置情報の威力

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)