当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

「ダメ監督の“まぐれ”名作映画 TOP10」には異論があるぞ

確かに一本しか良い映画作れなかった監督っているよなー、と思いながら動画を見たのだが、そのリストはちょっとワタシの予想とは違った。

この動画ではいろんな映画の名前が出てくるが、トップ10に選ばれているのは以下の通り。

  1. M・ナイト・シャマランシックス・センス』(asin:B0027F5YJI
  2. マイケル・ベイザ・ロック』(asin:B003WNWNXY
  3. ブレット・ラトナーレッド・ドラゴン』(asin:B006QJT4K6
  4. ジョエル・シュマッカーフォーリング・ダウン』(asin:B003GQSYWQ
  5. ローランド・エメリッヒインデペンデンス・デイ』(asin:B00HD05KBE
  6. リチャード・ケリードニー・ダーコ』(asin:B000083IZV
  7. ヤン・デ・ボン『スピード』(asin:B008CDAZ1G
  8. ポール・W・S・アンダーソンイベント・ホライゾン』(asin:B0098X0TQ0
  9. アンドリュー・デイヴィス『逃亡者』(asin:B00DYRMP4K
  10. デニス・デューガン『俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル』(asin:B003ZUXNA6

これは異論でまくりではないかな。ワタシにしても、『レッド・ドラゴン』自体大して良い映画じゃないだろとか、ポール・「ダメな方の」・アンダーソンは『バイオハザード』1作目のほうが上じゃないかとかいろいろあるが、やはり1位ですな。

シャマランには熱狂的なファンも多いが、そうした人たちからすれば『シックス・センス』は不幸な誤解であり、それ以降の作品こそがシャマランということになるのだろう。しかし、『シックス・センス』はワタシを含め世界を泣かせてしまったんだよな……。

ここで個人的に受けた『シックス・センス』パロディを『SPACED 〜俺たちルームシェアリング〜』からどうぞ。

このリストで納得がいくのはジョエル・シュマッカーフォーリング・ダウン』とリチャード・ケリードニー・ダーコ』かな。ジョエル・シュマッカーに関しては、『セント・エルモス・ファイアー』などの代表作を反証に挙げる人もいるだろうが、『フォーリング・ダウン』が彼の映画と思えないほど毒があって抜群に良過ぎるのである。

あとリチャード・ケリーのように、一番最初に撮った映画が鮮烈なカルト映画の傑作で、その後さっぱりという人が多いので、そちらを入れるべきではないかという気がする。例えば、ワタシにとってこの20年で SF 映画の中でナンバーワンの『ガタカ』を撮ったアンドリュー・ニコルとか、『キューブ』のヴィンチェンゾ・ナタリとか。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)