当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ストレイト・アウタ・コンプトン

2016年最初の映画館での映画鑑賞はこれになった。

アメリカで大ヒットというのを聞いて、ワタシも彼らの過激インタビューを発掘したりしたが、西海岸ヒップホップ、ギャングスタラップを代表する伝説的グループ N.W.A. の伝記映画である。

ワタシ自身はギャングスタなんてまったく縁のない人生を歩んできた人間であり、そうしたライフスタイルにしろリリックの世界にしろ積極的に嫌いなのだが、ヒップホップとして好きなものもある。2pac とか。

いくらなんでも2時間半は長過ぎるのではと事前に危惧していたが、楽しく見ることができた。実際の暴力描写がそんなになかったのも、そういうのが苦手なワタシ的にはありがたかった。アイス・キューブ役をその息子が演じるという反則な手を使ってるのもあって、ライブ場面のかっこよさは見事だった。

固い結束で結ばれたはずの仲間達がお金の問題で徐々にバラバラになっていくというストーリーは、ロックの世界を舞台にした音楽映画で既に観ていた話だけど、やはりこういう成り上がりものの青春映画って魅力的よね。

特に後半、ソロで活躍するアイス・キューブドクター・ドレーに対して落ちぶれていくイージー・Eの姿は、前半のイキの良いキラキラした感じと比してとても哀しかったな。

スヌープや 2pac など西海岸ヒップホップの代表的存在は大体出てくるし、シュグ・ナイトのゴロツキぶりもちゃんと描かれており、当時の東西抗争などちゃんと押さえていたりして画面の情報量は実は多かったりする。

本作はアイス・キューブドクター・ドレーがプロデュースを務めているのもあって、特にドクター・ドレーがよく描かれすぎな疑いがあり(最後なんてドレーのヨイショ大会だし)、クレジットだけ見ればドレーなんかより遥かに N.W.A. の作品に貢献しているはずの MC レンが随分を割を食ってるのはどうかと思ったが。

あとアイス・キューブって(飽くまでギャングスタラップ界隈の中では)知性派というイメージがあったのだが、彼もやるときはやってたんだね(笑)。

あと内容とは関係ないが、いくつか見た予告編にあった絵で本編でなかったものが複数あったような気がするが、気のせいかな。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)