当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

アンドリュー・キーンの反インターネット本の邦訳『インターネットは自由を奪う』が出ていた

アンドリュー・キーンの邦訳が出ているというので何かと思ったら、ワタシが3年前に紹介していた3冊目の本の邦訳なのね。

インターネットは自由を奪う――〈無料〉という落とし穴

インターネットは自由を奪う――〈無料〉という落とし穴

ハヤカワ・オンラインを見ると、8月には出てたのか。「カズオ・イシグロ推薦!」とのことで、うーん、それに釣られて100人くらい買ってしまうのかも(笑)。

ということは、邦訳の刊行が期待される洋書を紹介しまくることにする(2017年版)で取り上げたアンドリュー・キーンの4冊目『How to Fix the Future』も、やはりカズオ・イシグロが推薦の言葉を書いているので、早川書房から邦訳が一年後くらいに出るんじゃないかな。

キーンの本は10年近く前に「Web 2.0は我々の文化を殺すのか?(その1)(その2)」で取り上げたが、はっきりいって彼の主張には根本的に賛同できないところが多かった。

しかし、ワタシも『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』なんてタイトルの電子書籍を出したわけで、彼の悲観的な見方に説得力を感じる人がいるのは認めざるをえないわけで。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)