当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

デザインをテーマとしていないけどデザインについて学べる最良の本12選

今年特に「デザイン思考」という言葉をいろんなところで聞いたものである。もちろんこの言葉は以前からあったのだけど、「デザイン」という言葉が改めて重要視されている流れがある。

そういうわけで、デザインをテーマとしていないけど、デザインについての最良の本を12冊選んだブログを知った。果たしてどんな本が挙げられているのだろうか。邦訳を調べてみた。

  1. ジェイン・ジェイコブズアメリカ大都市の死と生』(asin:4306072746
  2. クリストファー・アレグザンダー『時を超えた建設の道』(asin:4306043061
  3. トレーシー・キダー『国境を越えた医師―Mountains Beyond Mountains』(asin:4796880143
  4. Edward Tufte『The Visual Display of Quantitative Information』
  5. スチュアート・ブランド『How Buildings Learn』
  6. イタロ・カルヴィーノ『見えない都市』(asin:4309462294
  7. スコット・マクラウド『マンガ学―マンガによるマンガのためのマンガ理論』(asin:4568501989
  8. リチャード・P・ルメルト『良い戦略、悪い戦略』(asin:4532318092
  9. ニコルソン・ベイカー『中二階』(asin:4560071225
  10. ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』(asin:4150504105asin:4150504113
  11. ドネラ・H・メドウズ『世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方』(asin:4862761801
  12. エド・キャットムル、エイミー・ワラス『ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法』(asin:4478016380

これは興味をそそるブックリストになってるのではないか。

スチュアート・ブランドの『How Buildings Learn』は、邦訳は出ていないが、このブログでも以前取り上げている(その1その2)。

この本やアレグザンダーやジェイコブズの本が入っているのは納得だが、イタロ・カルヴィーノニコルソン・ベイカーの小説も入っているのが興味深い。

ネタ元は kottke.org

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)