当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

「本の街」をテーマにした本の邦訳と筒井康隆が昔書いていた「過疎地に出版文化都市」の提案

TranNet のオーディション課題でちょっと興味をひく本があった。

世界には約40カ所も「本の街(Book Towns)」と言われる地域がある。本書ではそれらの具体的な場所、歴史、魅力を美しい写真と共に紹介。旅行に役立つアドバイスもする。日本が誇る本の街、神保町も掲載。

オーディション課題概要

これは面白そうじゃないか。2018年前半には邦訳が出るだろうから、マガジン航あたりで取り上げてほしいところ。

Book Towns

Book Towns

Book Towns (English Edition)

Book Towns (English Edition)

Wikipedia にも Book town の項目があって、しかし、その日本語版は古書店街になっており、ちょっと違う気がする。

そのあたりを考えていて、筒井康隆が昔書いていた文章を思い出した。『笑犬樓よりの眺望』を調べてみたら、「過疎地に出版文化都市を作ってはどうか」だった。

その文章は、ベルギーの人口450人の過疎の村ルデュで、ある本好きの退職サラリーマンが古書店を開いた。それがきっかけで書店が増え、専門化し、それ目当てにやってくる本好きが増え、そのうち出版社が常設書店を開き、作家が来て文化講演会を開くような「本の村」となったことを伝える朝日新聞の記事の話から始まる。

さて、上で紹介した Book town のリストの中に、もちろんそのルデュも含まれているのだが、上の話を受けて筒井康隆は、「本の村」なんて小さいことを言わず、日本の過疎地に出版文化都市を作れと提案する。

具体的には、出版社や大手取次などの移転、文壇パーティができるヒルトン級のホテルの建設、税金を安くして作家を移住させる、そして有名書店の開店は当然として、目玉となるのは国会図書館の移転……とどんどんぶちあげていくのだが、これが書かれたのは1987年9月である。

嗚呼、バブル経済まっただなかだったんだねぇ。もちろん当時だってこんな構想が実現したわけもないのだが、隔世の感がある。

笑犬樓よりの眺望(新潮文庫)

笑犬樓よりの眺望(新潮文庫)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)