当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

キャス・サンスティーンが行動科学と公共政策を論じた薄い本を期間限定で無料公開している

アメリカの著名な法学者であるキャス・サンスティーンが、11月12日までの期間限定で新刊 Behavioral Science and Public Policy を無料公開している。

ワタシの場合、キャス・サンスティーンの出会いが、『#リパブリック: インターネットは民主主義になにをもたらすのか』の元本(?)『インターネットは民主主義の敵か』だったもので、それこそローレンス・レッシグなどと並ぶ論客という意識だったのだが、一般の認知はそれよりも「ナッジ」など行動経済学方面の仕事に違いない。

そうした意味でこの無料公開されている(PDF ファイルで80ページ程度の)薄い本は、それこそ新型コロナウイルスなどの問題まで射程に入れた行動科学と公共政策を論じたもので、興味ある人はダウンロードしておいて損はないでしょう。普通に紙の本で買ったら2000円超だしね。

Behavioral Science and Public Policy (Elements in Public Economics)

Behavioral Science and Public Policy (Elements in Public Economics)

というか、キャス・サンスティーンは本当に多作な人で、ワタシはかつて「2017年は実はキャス・サンスティーンの年だった」と書いているが、今年も2冊邦訳が出ている。

だからわざわざ英語で読まなくても彼の「行動科学と公共政策」の本は読めるとも言えるわけだけど。

note.com

そういえば少し前にも彼の少し前に出たばかりの新刊の書評を読んだばかりなのだが、これも来年以降に邦訳が出るでしょうね。調べてみると、『ファスト&スロー』のダニエル・カーネマンらとの共著も来年刊行予定で、本当にこの人は多作だなぁといささか呆れてしまう。

Too Much Information: Understanding What You Don't Want to Know

Too Much Information: Understanding What You Don't Want to Know

Noise: A Flaw in Human Judgment

Noise: A Flaw in Human Judgment

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)