当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ヴェルナー・ヘルツォークが小野田寛郎を題材に小説を書いていた

www.openculture.com

恥ずかしながらワタシはこの記事で知ったのだが、ドイツを代表する映画監督であるヴェルナー・ヘルツォークが、初めての小説 The Twilight World を書いてたんですね。ドイツ語版から翻訳された英語版が出ていた。

近年もドキュメンタリーを撮ったり映画制作のオンライン講座で教鞭をとったり、精力的に活動しているのは知っているが、それでも80歳近くにして初めての小説とはすごいねぇと素直に思う。

で、気になるのは、この小説が「降伏を拒否した有名な第二次世界大戦日本兵」を扱ったものであること、そう、小野田寛郎のことである。

なんでもヘルツォークは1997年にオペラ(おそらく『忠臣蔵』だろう)の演出のため東京に滞在していたのだが、そこで会いたい人は誰かいるかと問われ、即座に小野田寛郎の名前を挙げたという(そのときはまだ彼は存命だったんだな!)。この小説自体、長年温めていた題材なのかもしれない。

小野田寛郎というと、昨年『ONODA 一万夜を越えて』という映画が公開されている。

小野田寛郎はいろいろと論議のある人物であり、なんで今彼なのかというのは思ったりするが、ヴェルナー・ヘルツォークの小説となればさすがに邦訳が出ると思うので、楽しみではある。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)