当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ヴェルナー・ヘルツォークの新作ドキュメンタリーはインターネットやAIがテーマ

ヴェルナー・ヘルツォークというと、50年近くのキャリアを誇りながら今なお現役の映画監督で、彼の作品では『アギーレ/神の怒り』や『フィツカラルド』などが有名だが、実は彼はドキュメンタリー映画も数多く撮っているのである。

が、『世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶』のような例外を除けば、それを日本で観る機会はほとんどない。近年もアメリカの死刑囚をテーマにしたドキュメンタリーなどをフットワーク軽く作っているのだが。

そのヘルツォークの新作ドキュメンタリー『Lo and Behold』は、「connected world」がテーマとのことで、要はインターネットや AI やロボットを扱ったものらしい。

イーロン・マスクやロバート・カーン(TCP/IP プロトコルの開発者)、そしてケヴィン・ミトニックのインタビューも含まれるとのこと。これは観てみたい。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)