当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ブルース・シュナイアーの久しぶりの暗号本『Cryptography Engineering』

取り上げるのを忘れていたが、先月ブルース・シュナイアーの新刊 Cryptography Engineering が出ていた。

Cryptography Engineering: Design Principles and Practical Applications

Cryptography Engineering: Design Principles and Practical Applications

近年は『セキュリティはなぜやぶられたのか』とか『Schneier on Security』とか現実世界におけるセキュリティを扱った本が多かったが、久しぶりに暗号そのものをテーマとする本になる。

ただ "Learn to build cryptographic protocols that work in the real world" とのことで、ただの暗号解説本ではなく、近作での現実世界におけるセキュリティについての知見を活かした現実世界で機能する暗号手順の構築についての本のようで、単なる原典回帰ではない。

本作は共著だが、共著者の一人 Tadayoshi Kohno さんは日本人の方なのかな。イケメンですね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)