当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

レッチリの全盛期のアルバムが800円台で安売り中

Amazon で980円以下で売っている CD を紹介する「Amazon980円劇場」のコーナーだが、円高のおかげで980円どころか800円台でロックやジャズの名盤がどばーっと売られている。

その中で、できれば近めの作品をということで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのアルバムを取り上げることとする。彼らの全盛期、つまりジョン・フルシアンテが在籍時のほぼ全アルバムが該当するのはありがたい。

MOTHER'S MILK-REMASTERED

MOTHER'S MILK-REMASTERED

当時ミクスチャーロックと言われたロックやファンクやラップをごった煮にしたハイパーなサウンドと、ジャケットに端的に表現されているバカっぽさを世に知らしめた躍進作。

このアルバムの音の立ち方を今も愛し、この頃に戻ってくれよと思う昔からのファンは今も多いが、実はワタシはその意見に与しない。

最新作など聴くと、やはりこの当時より音楽的な表現力は遥かに増していて、つまりは彼ら(特にアンソニー)はこの当時より遥かに成長してるんだよね。だから今までトップバンドでいられたわけで。

Blood Sugar Sex Magik

Blood Sugar Sex Magik

言わずとしれた大ブレイク作。ワタシにとっても初めてリアルタイムに買ったアルバムで、やはり一番好きなアルバムである。前作ほど突っ走り過ぎずセールスポテンシャルを上げたのは、本作からずっと彼らのプロデューサを務めるリック・ルービンの手腕か。

Californication

Californication

ジョン・フルシアンテがナーバスブレイクダウンで離脱し、その後名前も思い出したくないギタリストとどこか空虚なアルバムを作ったりして、もうダメかもしれないと思いかけていたときに届いたジョン復帰のニュースと、それに添えられたライブでの彼の凄みを増したルックスを見て、もう彼しかいない、と静かに納得したのをよく覚えている。

それでも "Scar Tissue" を初めて聴いたときの動揺、そして感動は今でも生々しく覚えている。紛れもなく復活作だが、このアルバムの音は99年当時の個人的に辛い思い出と一体化しており、今でも聴いていて複雑な気持ちになる。

By the Way

By the Way

制作当時にチャドがニューアルバムの音を聞かれ、"Very John" と答えた話からも分かるようにジョンの手腕が隅々まで活かされたアルバムで、おそらくビートルズを念頭に置いたポップさは見事で、ワタシ的には『Blood Sugar Sex Magik』と同じくらい楽しく聴けるアルバム。


さて、上にもちょっと触れたが、彼らの新譜についても書いておくと、最初聴いたときはこれはどうにもダメだと正直思った。

ジョンがいないのは仕方ない。ジョンのように弾けとも思わない。しかし、ギターが遠慮し過ぎで聞き手に迫ってくるような音がほとんどないのはダメだろう。

……と最初の評価はかなり低かったが、何十回も聴くうちにかなり良いアルバムに思えてくるから不思議である。考えてみれば、何十回も聴くにたえるアルバムを作れる時点で彼らの底力はすごいのだ。溌剌と弾きまくるフリーのベースも、『母乳』の頃と比べたらやはり格段に表現者としての幅を増したアンソニーの歌もワタシは好きだ。

I'm With You

I'm With You

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)