当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ブルース・シュナイアーが説く、NSAの監視から安全でいる方法

最近も NSA はサイトの協力による裏口アクセスで殆どの暗号を破っているという怖い報道もあって、この話のネタはしぶとく尽きない。

Boing BoingSlashdot など各所で話題になっているが、暗号やセキュリティに第一人者であるブルース・シュナイアー先生が、NSA の監視からセキュアでいる方法について説いている。

本当は文章全体を読むべきなのだが、アドバイスのところだけざっと訳しておく。

  1. Tor などを使ってネットワークの中で隠れる(しかし、NSA は Tor の鍵の90%を破っているらしいのだが……)
  2. TLSIPsec を使って通信を暗号化する
  3. コンピュータが危険に晒されていることを前提とする(シュナイアーはスノーデン文書を調べるにあたり、一台PCを新調し、インターネットに接続せず使っている)
  4. 商用の暗号化ソフトウェア(特に大手ベンダのもの)を疑う
  5. 他の実装との互換性をとらざるをえないパブリックドメインな暗号を使用する

当然ながら、一般的なネットユーザにとって、上記をすべて行うのが不可能なことをシュナイアーも認めている。

アメリカ政府はインターネットを裏切った。我々はインターネットを取り戻す必要がある。

エンジニアたちに告ぐ。我々はインターネットを作り上げたが、我々の中にそれを破壊してしまったものがある。今度は自由を愛する者たちが、インターネットを元通りにしなくてはならない。

電子フロンティア財団の共同創始者であるジョン・ギルモアによると、NSA にとって障害なのは IPsec らしいとのことだがはてさて([2013年09月12日追記]:これは意味を取り違えていた。EFFのジョン・ギルモア氏、IPSEC規格にNSAが関与していたということらしい)。そういえば、AES は(DES のときに噂されたように)NSA によってバックドアを仕掛けられているということはないのだろうか。

暗号技術大全

暗号技術大全

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)