当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ヒート

HEAT

HEAT

アメリカンニューシネマ以降の二大巨頭であったアル・パチーノロバート・デ・ニーロが初めて本格的に共演する! と話題になったが、公開されると、これ本当に共演してるのか? という疑いまで出た映画というのは知っていたが、今まで観てなかった。

本作については、クリストファー・ノーラン『ダークナイト』を撮る際に参考にしたことが伝えられているが、本作はそれも納得の厚みのある映画だった。『ダークナイト』の冒頭の銀行強盗のシーンで、唯一そこにいた人間でウィリアム・フィクナーがちょっといい役をやっていたが、あれは本作へのオマージュなんだね。

マイケル・マンという人は、作品のディテールのリアリティにこだわる人というイメージがあり、本作についても銃撃音は本物の音を使ってるとのことで、それは本作に迫力を加えているが、一方で特に初期は、妙に省略しすぎでよく分からん作品になる人というのがあった。

本作の場合、3時間近くの長さなのでそれがなく、強盗団の家族にいたるまでちゃんと描かれている。のだが、最初に書いた「本当に共演してるのか?」疑惑が出る妙な抜け具合もマンらしい、と書くと怒られるか。言っとくけど、ちゃんと共演はしている。しかし、なんであえてそれを疑われるようなカメラワークにこだわったんだろう?

本作ではパチーノが興奮から逃れられない刑事役、デ・ニーロがプロ意識の高い泥棒役で、前者の刑事役、後者のアウトロー役もそれこそいくつも観てきた。パチーノの野性味を失わない感じなどいかにもらしいが、一方で若い頃やってた感じがそのまま歳をとった、という風でない余裕が感じられる。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)