当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

Wikipediaコミュニティ文化考察本『Good Faith Collaboration』の日本語訳が完成に近づいていた

Wikipedia を支えるコミュニティ文化を考察する Joseph Reagle の『Good Faith Collaboration』のことは、5年前くらいにここでも取り上げているが(その1その2)、その日本語訳が、およそ5年のときを経て、徐々に完成に近づいているのに今更気づいた。

screenshot

ワタシも翻訳を少しやるから分かるのだが、よくぞ根気が続いたと思う。訳文の問題の指摘や、未訳部分の翻訳など貢献できる方はお願いします。

Good Faith Collaboration: The Culture of Wikipedia (History and Foundations of Information Science)

Good Faith Collaboration: The Culture of Wikipedia (History and Foundations of Information Science)

  • 作者: Joseph M. Reagle Jr.,Lawrence Lessig,Jonathan Furner,Michael Buckland,Markus Krajewski PhD
  • 出版社/メーカー: The MIT Press
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)