当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

スティーヴン・キングがお薦めする必読の50冊

よく覚えていないが、確か Facebook 経由で知ったページ。スティーヴン・キングというと彼自身が多作というだけでなく、優れた本や映画を惜しみなくレコメンドすることでも知られている。このページは、その中でも特に強く彼がレコメンドする本を集めたもので、『書くことについて』(asin:4094087648)での紹介が多いのだけど、それ以降に書かれた本も多く入っている。

……のだが、近作は邦訳が出てないものが多い。以下、邦訳が出ているもののリストを挙げておくが、テス・ジェリッツェンやローラ・リップマンなど Wikipedia 日本語版のページがあるクラスの作家の作品でもそうなのだから、かつて翻訳大国と言われた日本の出版業界の現状をこういうとこにも見て少し悲しくなる(邦訳リストに抜けがあるのに気づいたらお知らせください)。

英語圏におけるこうした「必読リスト」に必ず入る定番作品は『百年の孤独』や『真夜中の子供たち』など少なく、エンターテイメント作品寄りなのがキングらしいと言えるか。具体的に彼がどのように賞賛しているかは原文を当たってくだされ。出版社の方は、それを読んで邦訳を出す参考にしていただければありがたい。個人的には、ポール・サイモンの伝記本の邦訳が読みたいところ。

Kindle 版が出ているものもそれなりにあるので、ゴールデンウィークに読む本選びの参考になるかな?

日本人作家の作品では、唯一『バトル・ロワイアル』が入っているが、高見広春って今何してるんだろう?

スティーヴン・キングの作品では、ユアン・マクレガー主演で今年映画化される『ドクター・スリープ』の公開時にまた話題になるのかな。『シャイニング』の原作に思い入れがあるワタシ的にも気になるところである。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)