当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

Spotifyのプレイリストをいくつか作ってみた

これは面白い企画じゃないか! と乗ることに決めた。

Spotify のプレイリストって基本的には曲数が多くて適当に聴き流せるものがいいのだろうが、そういう取り止めがないものを作ろうとするとそれこそ取り止めがなくなってしまうので、勝手に以下の方針を立てることにした。

  • それ自体を1枚のアルバムとして聴くことができる起伏を作る
  • あえて全10曲とし、46分テープにおさまるイメージ
  • 同じバンドの曲は1曲のみ
  • 〇曲目は、その曲が最初にリリースされたアルバムの〇曲目と同じとする

とにかくアナログ盤時代の時間サイズの1枚のアルバムを作りたいと思ったのだ。一番最後の方針がキモで、正直、この縛りを思いついたので俄然やる気になった。のだが、これがかなり難しく、大げさに言えばパズルの領域になる。それまでの流れの中で「この曲がいい」と思っても、それがこの条件に合致することはほぼないわけで。

すべては「アナログ時代のアルバム」という単位にこだわったためなのだが(誰に頼まれたわけでもないのに……)、そうなると、収録曲はアルバムという単位が意味があった前世紀までの曲にほぼ自然と落ち着いた。

うんうん唸って、以下の10曲をリストアップした。

  1. The Cure, "Plainsong"
  2. Sting, "All This Time"
  3. Louis Philippe, "She's Great"
  4. Matthew Sweet, "Looking at the Sun"
  5. Patti Smith, "Summer Cannibals"
  6. Massive Attack, "Unfinished Sympathy"
  7. Steely Dan, "Pixeleen"
  8. Brian Eno & John Cale, "Been There, Done That"
  9. Talking Heads, "City of Dreams"
  10. Roxy Music, "Tara"

よしこれでよかろうと思ったら、Spotify には Louis Philippe がなかった……ガーン! Louis Philippe は iTunes Music にもないのだが、Google Play Music にはあるらしい。なんで?

仕方ない。3曲目を何かに変えるか……と考えるうち、一応これでも5曲(A面)、5曲(B面)で46分テープにおさまるランニングタイムなのだけど、A面とB面でちょっと時間に差ができてしまっている。これも是正したいなと思い、後半もいじろうかとか思ったらドツボで、またうんうん唸って、なんとかまたリストアップした。

  1. The Cure, "Plainsong"
  2. Sting, "All This Time"
  3. Matthew Sweet, "Girlfriend"
  4. Björk, "It's Oh So Quiet"
  5. Patti Smith, "Summer Cannibals"
  6. Massive Attack, "Unfinished Sympathy"
  7. David Byrne & Brian Eno, "Strange Overtones"
  8. Brian Eno & John Cale, "Been There, Done That"
  9. Steely Dan, "Everything Must Go"
  10. Roxy Music, "Tara"

イーノの名前が2回出てくるが、それはもういーの、ということでプレイリストを作ろうと思ったら、そのイーノとケイルの『Wrong Way Up』がSpotifyでは配信されていないorz

なんでこういうことになるかというと、実は上記のプレイリストは、事情によりネット接続環境のないところで考えたためである。つまり、すべてワタシの頭の中で音を鳴らして、この組み合わせならよかろうと曲順をすべて決め(だから、上に書く「うんうん唸って」というのは比喩でなく、本当のこと)、後で実際に Spotify を検索して確認したら、該当曲を配信していないのに気づいたという具合である。

問題のブライアン・イーノジョン・ケールの曲だが、ワタシにとって「完璧なポップソング」の一つの典型であり、今回プレイリストを作る上でプレイリストの核というかエッセンシャルなものだったため、これを外すことは考えられず、正直ここで作成を諦めかけた。

のだが、翌日もうヤケクソになって、こういうプレイリストに絶対入れたくない大ヒット曲、しかも今年とある事情で20年ぶりに流れまくったあの曲があてはまることに気づいて、自己破壊的にプレイリストが完成してしまった。

こうしてみると誰でも知っているヒット曲が多いように見えてアレなのだけど、tag さんの企画に乗れたのでヨシとする。

結局えらく時間をかけたことになり、それを考えると自己嫌悪を禁じえない。高校生時代に好きな人にプレゼントするためにマイテープ選曲してた頃から大して進歩してないように思えてくる。

これだけで終わってはなんなので、4年前にワタシが選んだ100曲選(これも結構な縛りを課したものですね)のプレイリストを作ってみた。

こっちは文句なしに有名曲ばかりで気楽に聴き流せるので、ゴールデンウィークの BGM にいかがでしょう。

デジタル音楽の行方

デジタル音楽の行方

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)