当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ニューヨーク公共図書館125周年を祝い著名人たちがこの一冊をお勧めしている #nypl125

ニューヨーク公共図書館が 125 Years of The New York Public Library という特設ページで創設125周年を祝っており……ということは、創設は1895年、19世紀かよ!

というわけで、「読書は我々をつなげてくれる(Reading Brings Us Together)」のキャッチフレーズの元で、各界の著名人がその人にとってのこの一冊を紹介している。

ワタシでも知ってるレベルの著名人だと以下のあたりか。

イーサン・ホーク → ランダル・ジャレル『陸にあがった人魚のはなし』


アラン・カミング → ジャニス・ギャロウェイ『The Trick Is to Keep Breathing』


フランシス・フォード・コッポラ → イーディス・ウォートン『Glimpses of the Moon』


フレデリック・ワイズマン → ヘレン・ヴェンドラー『Dickinson: Selected Poems and Commentaries』


チェルシークリントン → マデレイン・レングル『五次元世界のぼうけん』


ジェナ・アウシュコウィッツ → ポール・カラニシ『いま、希望を語ろう 末期がんの若き医師が家族と見つけた「生きる意味」』


パトリック・ウィルソン → ダグマーラ・ドミンスク『The Lullaby of Polish Girls』

というわけで、この中でワタシが読んだことがあるのは、恥ずかしながら『カラマーゾフの兄弟』と『ユービック』だけである。

ニューヨーク公共図書館については、以前にも最高の「穴場」オンラインサービス10選エントリで当ブログでの紹介記事をまとめているが、本当にすごい存在だよなぁ。

上記特設サイトで他にもいろんな125周年を祝う企画が立ち上がっているので、チェックしてみるとよいでしょう。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)