当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

全米興行収入が400ドル(!)に満たなかった11の映画

これは記事タイトルの数字を読み間違ったんじゃないかと二度見してしまうな。全米興行収入が400ドルに満たなかった11の映画ということで、そう、400万ドルでも4万ドルでもなく400ドルなのである(笑)。

日本円で5万円くらいになるが、それすら稼げなかった失敗作が11もあるのか。紹介されているのを見たが、さすがに一つも知った映画はなかった。まぁ、当然か。

しかし、調べてみると、結構ちゃんと日本盤 DVD が出ているんだよね。役者もトム・サイズモアとかクリスチャン・スレーターとか、ワタシでも知った人が出ている映画あり、あの『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の監督だった人のなれの果ての映画とか。

  1. 『フラッシュバック・キラー』 全米興行収入30ドル(asin:B00K6CEUUI
  2. 『ストレージ24』 全米興行収入72ドル(asin:B00BVXEK9W
  3. 『Dog Eat Dog』 全米興行収入80ドル
  4. 『オブジェクティブ』 全米興行収入95ドル(asin:B0026OBVH4
  5. 『The Ghastly Love of Johnny X』 全米興行収入117ドル
  6. 『Pretty Village, Pretty Flame』 全米興行収入211ドル
  7. 『プレイバック』 全米興行収入264ドル(asin:B008I6HJUM
  8. 『Intervention』 全米興行収入279ドル
  9. 『Trojan War』 全米興行収入309ドル
  10. 『レイクサイド』 全米興行収入336ドル(asin:B002JGMPVU
  11. 『[アパートメント:143]』 全米興行収入383ドル(asin:B00J9SJA1E

ただこのリストに入っているのは、元々外国映画で1つの映画館で短期間上映だったという例が多いので、このリストに入っているから最悪の駄作、というわけでは必ずしもないのに注意。

1位に輝く『フラッシュバック・キラー』の Wikipedia ページを読むと、これ以上にひどい全米興行収入「11ドル」という映画があるらしいが、この記事には含まれていない。

ネタ元は Boing Boing

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)