当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ブライアン・イーノの70年代黄金期を回顧するドキュメンタリー(と新譜)

ブライアン・イーノというと、今ではアンビエントの始祖、あるいは U2 やコールド・プレイのプロデューサーという認知なのかもしれないが、オールドファンが最も愛するロキシー・ミュージック〜ソロという彼の70年代黄金期を回顧するドキュメンタリーがリリースされている。

副題は言うまでもなくデヴィッド・ボウイが主演したニコラス・ローグの映画(asin:B004773B76)に由来するが、(ハゲになった後しか知らない人には信じられないだろうが)当時のイーノもそうしたユニセックスで異星人めいた雰囲気があったのだ。

何より彼がボーカルを取る初期の4枚のソロ作がワタシは大好きで、どれも名作なのだけど1枚だけ挙げろと言われたら『Here Come the Warm Jets』になるだろう。

Here Come the Warm Jets

Here Come the Warm Jets

ヒア・カム・ザ・ウォーム・ジェッツ

ヒア・カム・ザ・ウォーム・ジェッツ

彼の声には独特の光沢があり、近年でもデヴィッド・バーンとのコラボ作『Everything That Happens Will Happen Today』における、あの威厳のあるバッキングボーカルを聴いて感激したものだ。

ところでイーノ先生というと、詩人のリック・ホランドを迎えた新作を7月にリリースとのこと。彼のサイトで既に1曲聴けるが、昨年のアルバムからそう時間も経たず、またコールド・プレイの新作のプロデュースもしてるはずなのに新譜とは、表現欲求が旺盛でなによりである。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)