当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

最近のモンティ・パイソンな話題総めくり(ギリアムの新作、マイケルの旅行番組新作、グレアム偽自伝映画の日本上映、エリックTwitter開始)

2012年になってモンティ・パイソンもないのだが、相変わらずこの爺さんたちが元気に働いていて話題に事欠かないのでまとめておく。

テリー・ギリアムの新作『The Zero Theorem』

クリストフ・ヴァルツ主演のSFものということで楽しみだし、ティルダ・スウィントンピーター・ストーメアというワタシ好みの役者が出ると知って期待が高まる。マット・デイモンがカメオに近い小さな役で出るらしいが、お前はひっこんでろ。

前作『Dr.パルナサスの鏡』は『バロン』の夢再びはならなかったものの大分「戻ってきた」感じがしたので、今度は『未来世紀ブラジル』の夢再びを期待したい。

Wikipedia によると今週クランクインで、一ヶ月ちょっとという彼の映画としてはパイソンの『ホーリー・グレイル』以来最速ペースで撮影の予定とのことだが、大丈夫かいな。

マイケル・ペイリンの新しい旅行番組『Brazil』放映

kinginkさんのツイートで知ったが、マイケル・ペイリンとカール・ピルキントンが旅行番組のホストつながりで対談した動画が YouTube で公開されている。

横道にそれるが、カール・ピルキントンは『The Office』リッキー・ジャーヴェイスとの仕事で知られる人で、彼らがやってる旅行番組が An Idiot Abroad である。ちょうどこの二人による役立たない漫才の英会話レッスン(日本語字幕付き)が公開されてるのでそちらもどうそ。

しかし、マイケルとカールの対談を見ると、マイケルってもうコメディアンでなく旅行番組の人なんだなと思い知る。彼が BBC で旅行番組を作るとそこへの旅行者が一気に増える Palin effect の話、彼の旅行番組の女性ファンに彼がパイソンのメンバーだったことを知らない人がいる(!)話は知ってはいたが……

さて、2007年の New Europe に続くマイケルの旅行番組の新作はズバリ Brazil(マイケルも出演した『未来世紀ブラジル』も原題は Brazil だったりする)で、今週24日に4回シリーズの初回が放映される。

Brazil

Brazil

An Idiot Abroad: The Travel Diaries of Karl Pilkington

An Idiot Abroad: The Travel Diaries of Karl Pilkington

  • 作者: Karl Pilkington,Ricky Gervais,Stephen Merchant,Rick Hardcastle,Freddie Clare
  • 出版社/メーカー: Canongate Books Ltd
  • 発売日: 2012/03/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る

グレアム・チャップマン偽自伝映画が東京国際映画祭で上映

グレアム・チャップマンの自伝を基にしたアニメ映画『A Liar's Autobiography』が完成した話は紹介済だが、第25回東京国際映画祭で上映されるとのこと。これも今週か。

ゲイであることを公言し、アル中であることは隠していたシャイで複雑な人物の内面が語られる内容であるが、89年に他界したチャップマンは生前に自伝の朗読を録音しており、本作は死後23年を経た新作でありながらナレーションに本人の声が用いられている。

第25回東京国際映画祭 | ある嘘つきの物語 モンティ・パイソンのグレアム・チャップマン自伝

ジョーンズ監督は制作の動機を「亡くなってしまったグレアムを忘れ去られるようなことがないよう、彼の成し遂げたことを称えたかった」と明かす。複雑な人物として描かれるグレアムさんをテリーは「グレアムは自分で自分がわからなかったんじゃないかな。彼は自分がホモ・セクシュアルであると発見して、それからアルコール中毒である自分を発見して、そこから立ち直って……彼はいつも自分を探していたと思うよ」と評した。

モンティ・パイソンの面々が故グレアム・チャップマンさんを偲ぶ…3D伝記映画が登場 - シネマトゥデイ

A Liar's Autobiography

A Liar's Autobiography

エリック・アイドルTwitterを開始。しかし……

エリック・アイドルが今月に入って @EricIdle として Twitter を始めている。

モンティ・パイソンのメンバーで Twitter をやるのはジョン・クリーズ@JohnCleese)、テリー・ジョーンズ@PythonJones)に続き三人目である。

ジョンとテリーというとパイソン活動時は性格が正反対なため衝突も多く、「テリーがジョンにタイプライターを投げつけたのを見たことはない。ただジョンの頭に刺さったタイプライターを引き抜いたことならある」とジョークにされるほどだったが、Twitter ではお互いのアカウントをフォローし合っている。

しかし本文執筆時点で、ジョン、テリー、そして6人目のパイソンズと言われ、『ラトルズ』も一緒にやったニール・イネス@NeilInnes)も含め、誰もエリックをフォローしておらず、エリックも同様である。

こういうのを気にしてはいけないのだろうが(ワタシ自身、Twitter のフォロー/アンフォローはかなり気まぐれにやるし)、これはやはり最近のエリックと他のメンバーの間の冷たい空気を反映したものなのだろうか。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)