当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ローレンス・レッシグの『Republic, Lost』の第二版が昨年出ていた

ローレンス・レッシグ『Republic, Lost』を新刊として紹介したのが2011年の秋だが、この本の第二版というかバージョン2が昨年秋に刊行されていたのを、調べものをしていて偶然知る。

Republic, Lost: Version 2.0

Republic, Lost: Version 2.0

四年後の改訂というわけだが、これはつまりは今年の大統領選挙を意識したバージョンアップということみたい。75%は新しいマテリアルとな。

レッシグ先生というと、昨年民主党の大統領選挙予備選への出馬を表明したものの、結局断念したことがあったが、そういうのを考えると、やはり『Republic, Lost』の邦訳はどこかが出すべきだったと思う。

レッシグがフォーカスする企業献金による政治の腐敗の問題は、(元々富豪のため、献金を企業からもらう必要がない)ドナルド・トランプの人気にも歪な形で影響を与えているわけで。

しかし、出版社も慈善事業をやっているわけではなし、難しいのだろうな。

この分野における彼の見解に興味がある方は、まずは以下の TED 講演を見られるのがよいだろう。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)