当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

「バーチャルリアリティの父」ジャロン・ラニアーのアンチソーシャルメディア本の邦訳が今週刊行される

昨年5月に「バーチャルリアリティの父」ジャロン・ラニアーが「今すぐソーシャルメディアのアカウントを削除しよう」と呼びかける新刊を出していることを取り上げたのだが、その邦訳が今週刊行されるのを知った。

今すぐソーシャルメディアのアカウントを削除すべき10の理由

今すぐソーシャルメディアのアカウントを削除すべき10の理由

ほぼ原題の直訳である邦題を見れば本書の主張は一目瞭然だが、直球のソーシャルメディア批判本である。

しかしなぁ、『人間はガジェットではない』(asin:4153200166)に続く彼の本の邦訳が、ワタシの WirelessWire 連載の記念すべき第1回で取り上げた『Who Owns the Future?』(asin:0241957214)でもなければ、「バーチャルリアリティの父」としての本領を発揮した『Dawn of the New Everything: Encounters with Reality and Virtual Reality』(asin:1250097401)でもなく、アンチソーシャルメディア本という事実には、なんだかなぁという気持ちになるところもある。

そういえば、ジャロン・ラニアーは、ピーター・ルービン『フューチャー・プレゼンス 仮想現実の未来がとり戻す「つながり」と「親密さ」』についてのブックレビューの中でも名前が出ていた。

VRの父(本書では「ゴッドファーザー」)と言われるジャロン・ラニアーは、著書『Dawn of the New Everything』で、VRは「AIと正反対のもの」だと定義している。『WIRED』US版でのルービンによるインタヴューに答えて、ラニアーはこう言っている。「AIは偽り(フェイク)なものです。人々から大量のデータをとって、のちにさまざまに改変された形態で再生します。一方、VRには『人々』が存在します」

VRはリアルだ。それはAI以上にぼくらの世界を激変させる:ピーター・ルービン『フューチャー・プレゼンス』(ブックレヴュー)|WIRED.jp

案の定というべきか、ラニアーは最近の AI をめぐる狂騒にも批判的なんですね。今からでも『Dawn of the New Everything』の邦訳出ないものだろうか。

フューチャー・プレゼンス 仮想現実の未来がとり戻す「つながり」と「親密さ」 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

フューチャー・プレゼンス 仮想現実の未来がとり戻す「つながり」と「親密さ」 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)