当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

アベンジャーズ/エンドゲーム

公開から大分経ってようやく観た。

ワタシは MCUマーベル・シネマティック・ユニバース)が嫌いと公言してきた奇特な人間なので、アベンジャーズは完全スルーを決め込むつもりだった。のだが、周りの熱にだんだんと気持ち変わりして、一応はこの祭りに乗っておこうかとなった。

MCU の映画で既に観ていたのは、『アイアンマン』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『スパイダーマン:ホームカミング』くらい(あとテレビ放映時などの断片的にいくつか)。

そこでテレビ放送を録画した『アベンジャーズ』と『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を観つつ、『ドクター・ストレンジ』と『ブラックパンサー』をレンタルしたところで時間切れになって、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観てから本作に挑んだ。

つまり、ワタシが観たのは MCU の全21作の3分の1くらいということになり、とてもじゃないが本作についても批評はおろか、感想すらまともには書けるレベルじゃない。

それでも書くが、楽しめた。戦闘ばかりだった前作と違ってストーリーが楽しめたので、「膀胱がエンドゲーム」と危惧された3時間の上映時間にも耐えられた。ただハルクの扱い、前作ではハルクに変身できなかったのが、本作でははじめからハルクなんです、という設定がなんじゃそりゃだった。あと、キャプテン・マーベルが強すぎて、彼女を出ずっぱりにできない事情をひしひしと感じるのはご愛敬。

ヒーロー総結集を存分に楽しませてくれたのは間違いない。各作の主役が勢ぞろいし、加えて各ヒーローのまつわる脇役としてレネ・ルッソティルダ・スウィントンナタリー・ポートマンマイケル・ダグラスロバート・レッドフォード(!)といった豪華な面々までが登場するのを見ると、なんか「笑っていいとも」の最終回特番について言われた「地上波テレビの終わり」というのに似た、「アメリカ映画の終わり」というフレーズが頭に浮かんだりもしたくらいである。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)