当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ジェフ・エメリックがビートルズサウンドの秘密を語る本が面白そうだ

「ニューアルバム」も発売され今更ながら活気付くビートルズ界隈だが、ちょうどタイミング良くビートルズのエンジニアを手がけたジェフ・エメリックの本が邦訳された模様。560ページというかなりの大著だが、こういうのを出版するのはやはり白夜書房ですね。

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実

自分達のサウンドに自覚的になった中期以降のビートルズサウンドの秘密を語れるのは、当人達をのぞけばプロデューサのジョージ・マーティンとエンジニアのジェフ・エメリックしかいないわけで、しかもジョージ・マーティン御大の回想とはまた違った位相の話が読めるようだ。

この本の序文をエルビス・コステロが書いているが、これはエメリックがコステロの『Imperial Bedroom』(asin:B0000787FH)のプロデュースを手がけたつながりか。

予告しておくと、次回の「ロック問はず語り」は、ポール・マッカートニーのインタビューを取り上げる予定。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)