当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

『フォルティ・タワーズ』30年ぶりの再営業

ジョン・クリーズ先生のシットコムの傑作『フォルティ・タワーズ』の(第2シーズン放映)30周年記念ドキュメンタリー Fawlty Towers: Re-opened が5月10日に放映された。

screenshot

ワタシも某所でちょろっと見させてもらったのだが、オリジナルのキャスト4人に加え、マイケル・ペイリンテリー・ジョーンズといったパイソンズもインタビューを受けていた。

しかし、現在のキャスト4人はさすがに歳食ったねぇ。マニュエル役のアンドリュー・サックスなんて完全にお爺さんだし。脚本をクリーズ先生と共同と書いたクリーズの最初の妻でもあるコニー・ブースは、過去『フォルティ・タワーズからしかるべきお金を得られてないという不満を持っており、DVD 制作にも不参加だったのだが、今回はにこやかに参加ということでよかった。

番組の復活については、当然ながらクリーズ先生も否定している

はっきり言って、普通のコメディとしてはモンティ・パイソンよりシットコムの『フォルティ・タワーズ』のほうが時事ネタや内輪ネタがないだけ楽しめると思う(事実、世界的には『フォルティ・タワーズ』の放映国のほうが多かったはず)。このドキュメンタリー番組も DVD 化されるといいんだけど。

フォルティ・タワーズ DVD-BOX  [DVD]

フォルティ・タワーズ DVD-BOX [DVD]

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)