当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ピーター・ティール、イーロン・マスクをはじめとする「ペイパルマフィア」を通して今一度シリコンバレー精神を語る本が出る

wired.jp

「シリコンヴァレー随一のヴィラン(悪役)でカリスマ」とは、ピーター・ティールにまさにぴったりなキャッチフレーズである、と彼をはっきり嫌いなワタシも認めざるをえない。

この記事でも紹介されているように昨年ピーター・ティールについて The Contrarian という本が書かれており、Facebook に最初期から投資し、取締役を務めながらマーク・ザッカーバーグと緊張状態にあったりリバタリアンなのに監視技術を政府に売り込む(そのくせ監視 AI の危険性を訴えたりする)ような矛盾に満ちた興味深い人物像について分析がなされている。

nymag.com

これは『The Contrarian』からの抜粋だが、個人的に笑ったのは、ピーター・ティールとイーロン・マスクの両方と話をしたことのある人の簡潔な評言。

イーロン・マスクはピーター・ティールをソシオパスだと思っていて、ピーター・ティールはイーロン・マスクを詐欺師の大口叩きだと思っている」

ピーター・ティールとイーロン・マスクのつながりというと、「ペイパル・マフィア」という言葉がまず浮かぶ。その面子については Wikipedia の項目を見ていただきたいが(この有名な写真にマスクがいないのは、当時ティールからペイパルを放逐されてたから?)、ティールやマスクの他にも後に YouTube、LinkedIn、Yelp といった錚々たるサービスを創業した人達を含んでいる。

wired.jp

今や世界でもっともリッチな人になり、ブイブイ言わせているイーロン・マスクは、実際ピーター・ティールとはどういう仲なんだという下世話なところもあるし、シリコンバレーを支配するリバタリアン精神を知る上でも、「ペイパル・マフィア」を総括する本が必要なんじゃないかなと思っていたら、「Paypal の物語とシリコンバレーを形作った起業家たち」という副題の The Founders というその需要を満たしそうな本が今月出るのを知った。

ウォルター・アイザックソンも推薦の言葉を寄せてますな。この本の著者は『クロード・シャノン 情報時代を発明した男』(asin:4480837205)の邦訳があるジミー・ソニか。

『The Contrarian』か『The Founders』のどっちか邦訳出るかねぇ。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)