当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

『永遠のモータウン』制作チームの次回作は南部ソウルの殿堂マッスル・ショールズが舞台

Hotwire News(12月12日)によると、「米マッスル・ショールズがドキュメンタリー映画に」とのこと。

大人気ドキュメンタリー映画『スタンディング・イン・ザ・シャドウズ・オブ・モータウン』を制作したチームが、1960年代70代にアレサ・フランクリンウィルソン・ピケット、ジェームス&ボビー・ピューリファイ、ローリング・ストーンズ、エタ・ジェームス、ボブ・ディランオーティス・レディングらなどによる数多くの音楽を世界に送り出した米アラバマ州の小さな町(人口1万2千人)を舞台にした『スタンディング・イン・ザ・シャドウズ・オブ・マッスル・ショールズ』を発表する。

『スタンディング・イン・ザ・シャドウズ・オブ・モータウン』というのは『永遠のモータウン』のことですね。あれは素晴らしい映画だった。しかし……(その訳はリンク先で)

アラバマ州マッスル・ショールズ(の FAME スタジオ)といえば、スタックスがあったテネシー州メンフィスと並ぶ南部ソウルの殿堂なわけで、『永遠のモータウン』のスタッフが手がけるなら期待してよいだろう。しかし、『スタンディング・イン・ザ・シャドウズ・オブ・マッスル・ショールズ』というタイトルは二番煎じ過ぎないか?(笑)

モータウン、スタックス、そしてマッスル・ショールズを舞台とする60年代ソウルの入門書として最適な良書にピーター・バラカンの『魂のゆくえ』(asin:4101157219)があるが、既に絶版なのが残念でならない。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)