当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

クリエイティブ・コモンズのライセンスに非営利や改変禁止は必要ない?

現在バージョン 4.0 ライセンスの策定を行っている Creative Commons だが(日本版は未だバージョン2.1で止まったままだが……)、これに非営利(NonCommercial、NC)や改変禁止(NoDerivs、ND)は要らないのではないかという意見が SlashdotLWN.net で話題になっている。

乱暴に要約すれば NC や ND といった制約はフリーカルチャーを推進するライセンスに相応しくないし、これらはライセンスに対する誤解を生む元になっているというもので、実はかつてリチャード・ストールマンもかつて似た趣旨の発言をしている。

私はもうクリエイティブ・コモンズを支持していない。私はクリエイティブ・コモンズを総じて支持できない。というのも、その一部のライセンスは受け入れがたいものだからだ。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのある部分だけを支持しようとするのは自己欺瞞にすぎない。なぜなら、人々はこれらをみな一緒くたにして考えるからだ。 かれらは少しでも何かに賛同すると、それ全部に賛同しているようにとってしまう。だから私は、クリエイティブ・コモンズ全体を拒否せざるをえない。

Richard Stallman on P2P 日本語訳

しかしねぇ、そのストールマンのサイトGNU プロジェクトのサイトも文章に CC BY-ND を適用してるんだよね。つまり、たとえば ND を CC ライセンスからなくしてしまったら、ストールマンのようなフリーソフトウェアの人たちも困るんじゃないかと思うのだけど。

本件は Creative Commons のブログでも取り上げられており、この話はよく挙がる議題みたい。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)