当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

データジャーナリズムの第一人者であるガーディアン記者の本が4月に出る

『The Data Journalism Handbook』にも貢献者として名前を連ね、データジャーナリズムの第一人者、英ガーディアン紙の DataBlog 並びに DataStore の仕事で知られる Simon Rogers の本が4月に出る。

Facts are Sacred

Facts are Sacred

追記はてなAmazon かがクソなせいでリンクされていないが、Facts are Sacred である。

この書名は、Comment is free, but facts are sacred(コメントは自由だが、事実は神聖なり)というガーディアン編集者 CP Scott の言葉を踏まえたもので(余談だが、この言葉の前半部はガーディアンのブログコーナーの総称になっている)、つまりサイモン・ロジャースは「データ」を武器に神聖な事実を浮き上がらせているわけですな。

実はサイモン・ロジャースは同名の電子書籍を一昨年出していて、本書はこれを土台にしたものだと推測される。

Facts are Sacred: The power of data (Guardian Shorts)

Facts are Sacred: The power of data (Guardian Shorts)

いずれにしてもデータジャーナリズムの第一人者の本なので、この分野に興味ある人は注目ですね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)