当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

カズオ・イシグロはいかにして『日の名残り』を4週間で書き上げたのか

ブッカー賞を受賞し、映画化もされたカズオ・イシグロの代表作『日の名残り』だが、彼はこの小説を1987年に4週間で書き上げたという。

その5年前に専業作家になって以来、合理的な執筆スタイルでやってきたが、二番目の小説(『浮世の画家』のことか?)が成功してからいろんな社交や雑事に追われるようになり、新作の最初の章を書いてからずっと進展がなかっていたため、妻と相談し、月曜から土曜の週6日、午前9時から午後10時半という執筆体制を自らに課し、その間は一切郵便に目を通さず、電話にも近づかなかったという。

それで4週間で『日の名残り』を書き上げることができたというわけだが、すごいねぇ。あと、その間インスピレーション元となったものとして、フランシス・フォード・コッポラの映画『カンバセーション…盗聴…』と、トム・ウェイツの曲 "Ruby's Arm" を挙げているのが興味深い。

ネタ元は Boing Boing

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

そういえば書き忘れていたが、カズオ・イシグロは、『わたしを離さないで』以来となる約10年ぶりの長編小説を来年発売するそうだ。

The Buried Giant

The Buried Giant

The Buried Giant (English Edition)

The Buried Giant (English Edition)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)