当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

イギリスにおける音楽著作権保護期間は50年で現状維持

レッシグ教授も懸念していたが、イギリスにおける音楽著作権保護期間は延長されなかった。

これを受けて、diggBeatles music to be public domain, UK copyright stays at 50 という記事があがっている。パブリックドメインといっても2013年以降の話だが、お分かりのように現在の50年というのは作品発表後50年であり、著作者の死後50年ですらない。

先日 JASRAC のシンポジウムがあり、12月には「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」によるシンポジウムが開かれるが、イギリスの音楽著作権保護期間が適切かというと個人的にはどうかとも思うが、著作者の死後70年まで保護というのは論外だろ。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)