当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

Uberの性差別的企業文化を暴いたスーザン・ファウラーの回想録が刊行される(ただし来年3月)

既に TechCrunch で告知されていたが、Uber で受けたセクシャルハラスメントを告発し、シリコンバレーに蔓延するセクハラと差別を明らかにしてシリコンバレーに激震をもたらしたスーザン・ファウラーの回想録が刊行される。

Whistleblower: My Journey to Silicon Valley and Fight for Justice at Uber

Whistleblower: My Journey to Silicon Valley and Fight for Justice at Uber

しかし、その刊行は2020年3月なんだよね……日本のあたふたした出版事情を考えると、うらやましい話とも言えるが。

このブログでも紹介してきた、エレン・パオの『Reset』シリコンバレーの「男性ユートピア」ぶりを暴く『Brotopia』邦訳の刊行が期待される洋書を紹介しまくることにする(2017年版)で紹介したサラ・レイシー(思えば彼女も Uber を敵に回したジャーナリストだ)の本の系列に連なるものである。しかし……これらの本は未だどれも邦訳が出ていない。スーザン・ファウラーのこの本もそうなのだろうか?

なお、スーザン・ファウラーはマイクロサービスのエキスパートでそちらの著書の邦訳が出ているが、昨年テック系の論説委員として New York Times に雇用されている。

プロダクションレディマイクロサービス ―運用に強い本番対応システムの実装と標準化

プロダクションレディマイクロサービス ―運用に強い本番対応システムの実装と標準化

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)