当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

果たしてWeb 3.0の世界は来るのか? それはどんなものか?

Web 2.0 という言葉が陳腐化するとともに、その次を担うはずの Web 3.0 という言葉も言われなくなったが、珍しく同時期に TechCrunch と ReadWriteWeb で Web 3.0 を主題とする文章が寄稿されている。

最近、LinkedInのファウンダー、Reid Hoffmanがこう言っていた。「もしWeb 1.0が、検索とデータ収集とある程度の対話を可能にし、Web 2.0が真のアイデンティティーと真の人間関係を持ち込んだとすれば、Web 3.0では、真のアイデンティティーが大量のデータを生成するようになるだろう。」

新・情報時代 | TechCrunch Japan

クラウドが前提なのはともかくとして、両者ともベンダのロックインを警戒しているように思う。

もっとも日本ではここにも東日本大震災が影を落として斜め上の方向に進み、「ウェブ3.11」と呼ぶべきものにウェブが変質してしまわないかと不安にもなる。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)