当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

トマ・ピケティの新刊『資本とイデオロギー』は富の不平等がイデオロギーにどのような影響を及ぼすかを論じる

世界的ベストセラーとなった『21世紀の資本』(asin:4622078767asin:B00VQ75FAQ)に続くトマ・ピケティの新刊が出たそうな。

Capital and Ideology

Capital and Ideology

おい、ちょっと待った。まだ出てないやないか……と思ったら、来年2月に出るのは英語版で、ピケティはフランス人なんだからフランス語版が最初か。今月それが出ている。

Capital et idéologie

Capital et idéologie

英語版の翻訳とともに日本語版の話も山形浩生などに行っているのだろうが、それはともかく重要なのはその内容である。

新刊のタイトルは『資本とイデオロギー』で、富の不平等がイデオロギーにどのような影響を及ぼすかを論じた本である。

ピケティは「バラモン左翼(Brahmin left)」と「商業右翼(merchant right)」という言葉を使っているが、左翼や社会民主主義勢力が、教育水準が低く貧しい人たちの政党から教育水準が高く裕福なミドルクラスや上流階級の政党へと徐々に変化していく一方で、高収入で裕福な層は依然としてビジネスエリートとしての価値観で保守政党に投票し続ける構図がある。

その結果、教育と所得の移動を受けられなかった人々を代表する政党がなくなり、そうした層の受け皿が「ポピュリスト政党」になるというわけである。

ワタシは『21世紀の資本』のことを「資本主義社会では元から資本を持つ者がますます富むことになるという、庶民がとっくに薄々実感していたことを、経済学者にも分かるように書いた大著」と書いたことがあるが、新刊は(前作が経済学者にとってそうであったように)政治学者が自分の専門分野の見方を変える本になるだろうか。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)