当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

Miles Davis, In a Silent Way

In a Silent Way

In a Silent Way

何度も書いているが、ワタシはジャズは門外漢に近く、結局のところ聴く音ごとに「自分に合う/合わない」という感想でしか作品の評価ができない。

そうした意味で、本作は自分に合う音である。しかし、これの次作で、名作とされる『Bitches Brew』はあんまり好きじゃない。その一方でその後出た『On The Corner』は大好きである。そして、それぞれについて理屈をつけることができない。

さて、本作は後にウェザー・リポートを結成するジョー・サヴィヌルとウェイン・ショーターが参加していることもあり、フュージョンの先駆けとも言われる。ただワタシがフュージョンという言葉から連想する音楽よりも本作は音数が少なく、そしてその分ソウルが濃いように感じる。

ジョン・マクラフリンのギターが特に好きだ。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)