当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

フィクションよりも奇なりな身の毛もよだつドキュメンタリー映画10選

確かにフィクションよりも奇なり、と言いたくなるような強烈で忘れがたいドキュメンタリー映画ってあるよね。そういうものの代表を10作挙げているページなのだが、ほとんどは日本では(多分)未公開なのが残念である。

できるだけ調べたつもりだが、日本での公開・放映情報をご存知の方は教えてくだされ。

  1. 『偽りの9.11生存者』(2012年)
  2. 『Cropsey』(2009年)
  3. 『Child of Rage』(1990年、性的虐待により反応性愛着障害となった子供のドキュメンタリーだが、これを監督したのは『ある戦慄』ラリー・ピアースか)
  4. 『Capturing the Friedmans』(2003年)
  5. 『ザ・コーヴ』(2009年)
  6. 『佐川一政 人を食った男』(2011年)
  7. 『Suicide Forest in Japan』(2011年)
  8. 『アクト・オブ・キリング』(2012年)
  9. 『The Cheshire Murders』(2013年、コネチカット州チェシャーでの凶悪殺人事件を扱ったもの)
  10. 『In a Town This Size』(2011年)

日本人を扱ったもの、日本が舞台のものが計3つあるのだが、これは少しも喜ぶ気になれない。ワタシが観たことあるのは『アクト・オブ・キリング』だけだが、YouTube で全編観れるものもあるね。

ネタ元は Boing Boing

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)